:::
:::

客家料理

公開日時 2016/10/27 16:15
閲覧者数 115

一品一品にシェフのアイデアとこだわりが込められています

一品一品にシェフのアイデアとこだわりが込められています。色・香り・味のすべてにおいてパーフェクトな創作料理と言えるでしょう。地元の食材を用い、美食家たちを魅了してやみません。何度食べても飽きのこない料理です。

客家料理と言えば、「しょっぱさ」、「油っぽさ」、「濃い香り」が特色に挙げられます。また、バラエティに富んだお菓子や軽食、お漬け物、特色ある農産品を用いた郷土料理なども多く、これらも見逃せません。

ショウガとホルモンの炒めもの

一、 客家軽食

豚骨ダシをベースに新鮮な豚肉が入ったスープ、滑らかな皮とやわらかい肉の水晶餃子、香り豊かで歯ごたえのしっかりした粄條(米が原料の太麵)、揚げたエシャロットとニラを用いているのが特色。独特な風味を楽しめます。また、濃厚な味わいと豊かな香りを誇る伝統茶芸の「擂茶」や、行事に欠かせない弾力性十分のお餅も見逃せない客家グルメです。

客家軽食

二、 客家料理

客家料理には「煮る」、「炒める」、「両面をよく焼く」、「蒸す」などの調理方法があります。以下の「四炆四炒」と言われる8つが代表的な料理です。「炆」とは「鍋で煮込むこと」で、「酸菜炒豬肚(高菜とホルモンの炒めもの)」、「排骨炆菜頭(大根とスペアリブの煮込み)」、「炆焢肉(角煮)」、「炆筍乾(干しタケノコの煮込み)」などの料理があります。「炒」とは強火で素早く炒めることで、「薑絲炒大腸(ショウガとホルモンの炒めもの)」、「客家小炒(豚肉、スルメイカ、セロリなどの炒めもの)」、「豆皮炒芹菜(湯葉とセロリの炒めもの)」、「鳳梨木耳炒豚肺(パイナップルと木耳、豚ホルモンの炒めもの)」といった料理があります。

三、 紅ナツメ料理

紅ナツメは漢方の一種で、気や血を補う効果があると言われます。安くて身体に良いため、優秀な営養食品とされています。紅ナツメを用いたヘルシー料理は営養補給や美顔効果があるだけでなく、独特な味わいを誇ります。

紅ナツメ料理

四、地元海鮮料理

地元海鮮料理

水揚げされた海産物を食べることほど幸せなことはありません。竹南の龍鳳漁港、後龍の外埔漁港、苑裡の漁港では新鮮な海鮮料理を味わえます。苗栗を訪れたら見逃せないグルメの一つです。

五、 風味豊かな木炭料理

かつて造橋は木炭の製造で知られていました。ここでは現在、木炭を改良し、料理に用いています。その技術には誰もが驚かされるはずです。黒炭料理はこれまで見たことも味わったこともない料理であり、独特な風味を誇ります。

風味豊かな木炭料理