:::
:::

大三通木彫観光の旅

大湖鄉、三義鄉、通霄鎮

大三通木彫観光の旅

通霄鎮

通霄鎮は海辺に面した小さな山里です。早くから開発されており、かつては渓流の幅が広く、水深が深かったため、貨物物資の集散地でした。船舶の往来が盛んで、夜中から明け方まで(中国語で通霄達旦)賑やかでした。また、ガス産出量が全台湾の80%を占めており、「台湾の小さなイラン」という呼称をもちます。

三義郷

三義郷内は低く隆起した丘陵地形の土地で、クスノキの栽培に適しています。このため、「木彫の町」として発展しました。三義の彫刻はすでに百年の歴史があり、台湾の彫刻の祖となっています。

 大三通木彫観光の旅

大湖郷

美しい風景の大湖郷は「洗練された農業」を提唱しています。イチゴや柑橘類の栽培に成功しており、高い知名度を誇ります。毎年イチゴの季節になると、幹線道路から田舎の小道まで至るところにある果樹園でイチゴ採集を楽しめます。