メインコンテンツエリアに移動する 苗栗文化觀光旅遊網 Culture and Tourism Buresu of Miaoli 苗栗文化観光旅行サイト
Button

三義郷龍騰断橋

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー::写真選択を表示
  • ダウンキー::写真選択を非表示
  • レフトキー::前の写真
  • ライトキー::次の写真へ
  • ESCキー::アルバムを閉じる

古くは「魚藤坪」と呼ばれた龍騰は、開墾当初、池の鯉のヌシに祖先が苦しめられたと伝えられる場所です。この鯉のヌシの悪事を防ぐため、龍騰山に魚藤(デリス)を植え、また東の山を關刀山と呼ぶようにし、この山の刀で魚藤を切り、魚藤の毒で鯉のヌシを退治しようとしました。ついにはヌシも大人しくなり、安心して暮らせるようになったということです。戦後、「魚藤」から「龍騰」と名が改められました。

1935年4月21日の明け方、台湾中部で大地震が発生しました。震源地は關刀山付近で、三義も大きな被害を受け、巍峨にあった鉄橋・龍渓橋が崩壊しました。その後、その西側に新しい橋がかけられましたが、旧龍渓橋の残骸はこれまでの年月に耐え、地震の痕跡をいまにとどめています。列車で三義を通るとき、この橋の遺跡を見ることができます。

関連情報

電話番号:886-37-872801

営業時間:每日營業

所在地:苗栗県三義鄉龍騰村鄉道苗49線

間違った情報を見つけた場合、ご報告ください。 ご意見はこちらへ
最終更新日:2018-11-27
サイトマップ
回頭 前のページへ
最新更新日期:2019-04-22