メインコンテンツエリアに移動する 苗栗文化觀光旅遊網 Culture and Tourism Buresu of Miaoli 苗栗文化観光旅行サイト
Button

苗栗県苑裡鎮の水田に描かれた「ネズミの嫁入り」が夏の目玉に!

リリース日:2020-05-12読者数:63

青々とした水田に風で苗が揺らめき、ネズミの新郎と新婦がまるで生きているかのように見えます。ユニークな田園アートは6月まで観賞できる予定です。現在、観賞にベストなシーズンですので、ぜひ夏らしい風景を楽しみにいらしてください。
言い伝えによれば、元旦三日の夜は「鼠が嫁入り」するのにふさわしいおめでたい日となっています。この日はネズミの嫁入りを邪魔しないように、早めに就寝し、家の厨房にお米や塩、お菓子を置きます。これにより婚礼の喜びと一年の収穫を共に祝います。一般的に「米粧」、または「老鼠分錢」と言われており、ネズミの害を少なくするためのものです。
「小さな都市」の代表的な存在である苑裡鎮は美しい海岸風景、藺草工芸、特色ある屋台料理で知られています。中でも、稲作面積は全県トップで、「苗栗の穀倉」とも呼ばれています。農業委員会のチームが水田のイラストを研究開発し、すでに16年経ちます。毎年二期催されており、イラストのテーマは各期異なります。今年の一期目のテーマは「ネズミの嫁入り」で、非常に注目されています。

  • 苑裡農会の愛情果実園
  • 苗栗県苑裡鎮彎麗路98号
  • +886-37-747607
  • 毎週月曜日休み

苗栗県苑裡鎮の水田に描かれた「ネズミの嫁入り」が夏の目玉に!

間違った情報を見つけた場合、ご報告ください。 ご意見はこちらへ
最終更新日:2020-06-29
サイトマップ
回頭 前のページへ
最新更新日期:2019-04-22