メインコンテンツエリアに移動する 苗栗文化觀光旅遊網 Culture and Tourism Buresu of Miaoli 苗栗文化観光旅行サイト
Button
近くのトラベル情報
観光の名所
周辺の宿
土産物ショップ

「台湾国際木雕装置芸術大展」が三義でスタート

リリース日:2021-07-16読者数:71

年に一度開催される「三義木雕芸術フェスティバル関連イベント」の幕が開きました。2021年7月20日から2021年10月17日まで「台湾国際木雕装置芸術大展」が「三義木雕博物館」にて盛大に開催されます。当イベントは現在のコロナウイルスの感染状況を考慮し、防疫対策を行なうため、電話での参加予約(予約電話037-876―009)を採用しています。皆様の参加をお待ちしております。

「2021年台湾国際木雕裝置芸術大展」は、インタラクティブ方式、シミュレーション方式で作品を繋げて展示しており、展覧空間全体の雰囲気が形作られています。展覽内容は「レジデンスアーティストによる作品」と「招待作品」という二大軸に分かれています。日本からのレジデンスアーティストは岐阜県の水谷篤司先生と群馬県の吉田敦先生の二名で、台湾国内のレジデンスアーティストは石佳蕙氏および游宗穆氏の二名の新進気鋭の芸術家です。三点の大型作品を展示しており、それぞれ感受性を刺激する作品です。いつもとは異なる展示方法でテーマの「虚実、對白」を完璧な形で表現しています。「光、影、物」という三大要素と展覽空間が組み合わさり、虚実入り混じった対話効果が作られています。観客の方はこれまでにない展示を体験できます。

展覧期間中、三義木雕博物館は予約制で開放します。収容人数は100人までで、参観される方は通常の防疫対策に応じなければなりません。これには額の温度測定、手の消毒、実聯制、全行程のマスク着用などが含まれます。額の温度が37.5℃以上の方、または防疫措置に従わなかった方は入場できません。入場後は常にソーシャルディスタンスを保つようにしましょう。木雕芸術がお好きな方はぜひ参観にお越しください。 

「台湾国際木雕装置芸術大展」が三義でスタート

「2021年台湾国際木雕裝置芸術大展」は、インタラクティブ方式、シミュレーション方式で作品を繋げて展示しており

間違った情報を見つけた場合、ご報告ください。 ご意見はこちらへ
最終更新日:2021-07-30
サイトマップ
回頭 前のページへ
最新更新日期:2019-04-22