メインコンテンツエリアに移動する 苗栗文化觀光旅遊網 Culture and Tourism Buresu of Miaoli 苗栗文化観光旅行サイト
Button
近くのトラベル情報
観光の名所
周辺の宿
土産物ショップ

苗栗の慢魚海岸 コロナ後ののんびり旅

リリース日:2021-08-23読者数:46

苗栗の慢魚海岸(Miaoli Slow Fish )は大きく分けて五つ、5種類の遊び方があります。「藍色海洋」、「藍色教育」、「伝統漁法」、「藍色組織」および「藍色旅行」の5つです。

まずは「藍色旅行」からスタートしましょう。竹南の休日の森では水上レジャーイベントを体験できます。また、後龍の緑光海風サイクリング道路では鉄道のほか、山と海の美しい景色を眺められます。通霄にある媽祖の海神文化を探索し、最後は苑裡で市場の美食を楽しみましょう。

「藍色海洋」では環境生態保護および海洋資源の認識をアピールしています。文観局では「2021年 苗南海地景芸術フェスティバル」を企画。芸術作品を通して海洋資源の重要性と環境保護の推進、海洋に棄てられたプラスチックゴミを減らすこと、および省エネの永続性の重要性を訴えています。

「藍色教育」では海洋生態教育の観念を根付かせ、育てるところからスタートしています。学校で魚を食べて、魚を育てる体験コースや大海学堂イベントを計画しています。苗栗県の学校と協力し、「慢魚(スローフィッシュ)精神」を宣伝していきます。

「伝統漁法」では地元の漁業および伝統的な漁法の保存を重視しています。外埔では百年の歴史をもつ合歓、母乃の石滬(魚を捕らえるための石垣)群があり、10月下旬には地引網み体験も実施され、自らの手で魚を捕まえる楽しさを体験できます。

「藍色組織」では漁村料理の保存から海洋フレンドリーな店などの産業までを推進しています。8月から慢魚(スローフィッシュ)シリーズの産業交流工作室がスタートしました。地元業者と協力し、慢魚(スローフィッシュ)の料理を研究開発し、「懂魚、知魚、吃在地、食當季(魚を理解する、魚を知る、地元で食べる、旬のものを食べる)」を提唱しています。

徐耀昌県知事によれば、コロナウイルスの感染状況が徐々に落ち着いてきているため、苗栗の海線スロートリップを企画しているとのことです。ゆっくり歩いて、心身をリフレッシュさせましょう。皆様が「苗栗で慢魚海岸に出会い、美しい山と海の生活を満喫すること」をお待ちしています。

石滬

では地元の漁業および伝統的な漁法の保存を重視しています

龍鳳漁港生鮮漁業オークション市場

間違った情報を見つけた場合、ご報告ください。 ご意見はこちらへ
最終更新日:2021-08-31
サイトマップ
回頭 前のページへ
最新更新日期:2019-04-22